Ramuhサーバーで過ごす怠惰な日々

これは旧FF14ちゃんの記事です。
新生FF14の情報をお求めの方は大変残念でした。
右にあるRebornカテゴリをクリックするといいことあるかもね。

スポンサーサイト

 Category : スポンサー広告  [edit]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぐうたらを応援する? ぐうたらmore

DoT攻撃の有効性は?

  2 comments  Category : 豆知識  [edit]

DoT or DDDoT と DD(単発魔法)、FF14ではどちらが有効?

今回はいつも一緒のパートナー、マロンくんに記事をまとめて頂きました。
わたくしトチノはこういう計算やゲームシステムには滅法よわいので、ぷすんぷすん。
マロンくんの指示を仰ぎながら、二人でデータを採りました。

FF14におけるDoT攻撃(Damage on Time)の実験結果
◆11回ダメージを与える魔法攻撃
◆MOBの弱点属性などは関係なく、同じダメージ量である
◆ダメージ量は固定数値(3つ重ねがけすると1つの場合と比較して3倍減る)
◆DoT魔法での属性の耐性マイナス効果は薄い(実験回数が少ないので断定はできない)

◆1回のダメージの平均値
 ファイアII(413)>ファイアI(318)>バーン(202)
 
◆キャストタイムで割った時の毎秒ダメージ
 ファイアI(159)>ファイアII(137)>バーン(80)

◆キャストタイム + モーション1秒とした時の毎秒ダメージ
 ファイアI(106)>ファイアII(103)>バーン(57) 

◆キャストタイム+モーション2秒とした時の毎秒ダメージ
 ファイアII(83)>ファイアI(79)>バーン(45)
  
常に攻撃魔法だけに専念できるPT等の状況では、ファイアI →ブリザドI →・・・のようにI系を連発している方が、DPS(damege per second)が高く、回復の合間に攻撃する状況ではII系の方が有利だと思う。
(ただし、IとIIで魔法のレジスト率は変わるかもしれない。未確認)
DoT魔法は今のところ有効性を見出せない。

*****
以下はカンタンに書いていますので、必要な方だけ汲み取っていただきたいです。


【実験内容】

フィジカルボーナスの還元で、攻撃魔法に関係するINTと持続魔法に関係するPIEを45に揃えてみた。
対象MOBはリムサのドードーLV18を選ぶ。

YGのデータを見ると...
ドードー:LV15~LV19
HP:1179~1325

このデータからLV18のHPは1287と推測(HPはLVと共に比例で上がっていくと仮定)
(実際は同じLVでも多少HPが上下するという事実が実験中に発覚)


1)まずバーンのダメージを探る。
バーンを1発撃って放置。
残HPをモニターに貼った付箋でマーキング(DoTはログが流れないので)倒すまで付箋を貼る。
何度かやった結果、ほとんど同じ位置でバーンが切れる為、ダメージ数値が固定であることが判明。ドードーの弱点属性であるフロストでもまったく同じ結果の為、MOBの属性に関係なくダメージ固定。

MOBのHPバーを画面いっぱいに引き伸ばしてみると、DOTが11回に分かれて作用していることが目視確認できた。
この11回を以下より「コマ」と呼ぶことにする(1~11コマ)。

バーン、フロスト共に7回の詠唱で倒すことができた。
(7回目は、4コマ目に死亡)

1回のDOTが11コマなので、6回の魔法と7回目の4コマ。66+4=70コマで倒せる。
ドードーのHPが1287なら、1コマは18.38ダメージで、1回のバーンは202.24ダメージ。


2)今度はファイアだけで倒す。
I・IIともに4回の詠唱で倒せた。明らかにファイアの方が強い。

3)バーン+ファイアだけで倒す。
バーンをかけて火属性耐性-の効果を得て、ファイアIのダメージをカウント。
バーンをかけて火属性耐性-の効果を得て、ファイアIIのダメージをカウント。


それぞれ数回しかデータ取って無いので、有効なサンプル数とは言えないけど、平均ダメージは次のように...

バーン 202
フロスト 202

ファイアI 318
ファイアII 413
ブリザドI 429

バーン中のファイアI 354
バーン中のファイアII 352


最後の数値がII<I、火属性耐性-の効果が見えないというおかしな結果に^^;
もっと検証すれば、バーン中のファイアIIのダメージ平均は上がるはず。

だけど、通常MOBなら数回魔法を撃てば倒せるので、この程度の効果なら大きな期待はできないし、数回の実験結果でもOKなんじゃないかな?

つまり、バーンはいらない子。


うぃなー、でぃーでぃーっ!

以上、マロンくんレポートでした。
まとめてくれてありがとう。

とはいえ、これはまだまだR30以下を彷徨う二人の実験です。
高ランクになればいろいろと状況も変わるでしょう。
あくまで覚書きですので、この記事の有効性は個々の判断でお願いしますー。
ぐうたらを応援する? ぐうたらmore

-2 Comments

通りすがり says...""
バッファロー等のNM戦ではポイズン・ディア・バイオ・バーン等のドットが重要っすね。

後衛なら必須のスリプル・パライズ・サイフォタックのレジ率も下がるのでPIEは必要不可欠です。
2011.06.14 15:34 | URL | #- [edit]
トチノ says...">通りすがりさん"
貴重なコメントありがとうございます。

「バッファロー等のNM戦ではドットが重要」
ちょっと戦闘には疎いわたしですが、想像するに...
高ランクNMの範囲攻撃はレンジが大きいということなのでしょうか。
だから、ドット打ってはるか後方で待機しますよっていう...('口'* ?

検討ハズレもいいとこでしたらごめんなさいっ。

ご意見を鑑みて、ちょっと記事につけたししました^^
2011.06.14 20:12 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。